地球の裏から愛を込めて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

どおり

予定どおりだ。九月はまだ数時間残されているとはいえ、もう十月になる。
うっひょ~!

スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

きまらぬ

ソロ・ツアーで発売する予定のdemo#4に入れるであろう一曲にかかりっきりで時間が過ぎていく。聴くほうからしたらどっちでも構わないし、全然気にしないであろうことを解決しようと四苦八苦しているのです。んでグルグルしちゃっていい方に行ってるのかどうかもわかんなくなっちゃてる感じ。こだわりと言えばカッコいいけど、意外と要らぬ苦労だったりもするんだよねえ。でもやっちゃうんだなこれが。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

みると

今日の日付とかカレンダーを見ると、おなかの下の方からグワ~っと肩に向かって何かが走る。なんだあれ。
ツアーに向かって今月中にはいろんな準備を終えたいと、できるわけもない希望を持っている。バカも休み休み言えってんだ。己に毒づく。
未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

きょっく

曲を作っている。ここんところずっと。
なんだかんだと取りあえずの形になったものが数曲。

今日は大正琴を取り出してしばらく遊んでみた。亡くなったおばさんからのおさがりで、あるのはわかっていながら手をつけずにいたのだけれど、これがちょっと面白い。そもそも大正琴の弾き方とか、どういった音楽をするのかとか曖昧にしか知らないので、鉄弦が張ってあるしギターみたいなもんだろと、取りあえずネットでチューニングの仕方を調べてみたところ、全部の弦を同じG(ソ)の音に合わせるんだね。かき鳴らしてみたところ、いわゆる大正琴の音はします。が、もっと僕には中東をイメージさせる音で、弦を押さえるのもギターみたいにいろんな指を使ってじゃなく、ピアノみたいな配置のボタンを押せばいいだけなので簡単で、いろんなリズムや他の音源に合わせてひとしきり弾いていた。ついでに試しに録音して聞いてみたりもして楽しかった。新しく作る曲にいつか使う時が来るかどうかはわかりませんが。

もうすぐソロのツアーです。
未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

おっかり

お疲れさまでした。
なんといっても私ではなく、中島さん。すごいです。
僕は中島さんが大好きです。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ほほ

またすぐライブだよ、ドミンゴス。うわ~。
いろんなバンドが出るし、しかもほぼみんな知り合いだし、てかノブ博だし…なので、悪い意味じゃなくちょっとだけ気持ちが軽い気もしますが、きっと今だけだろうなあ…。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

やぱり

緊張の原因一つ解消。

ちゃんと歌いたいと以前にも増して心がけている最近。短いステージなんだからあたりまえでしょうと言われてしまうかもしれないが、ちゃんと歌えた。力を抜いたからではないですよ。これは終わってからとても嬉しいのだ。ライブ会場だと多少歌詞が聞き取りにくくなってしまうことはあるけれど、それにもまして声が出なくなってしまったりすると、さらになんだかわからない状態になってしまうからね。それだとせっかく気持ちを込めて書いた歌詞でも全く意味がなくなってしまうから。声がつぶれてしまってもそれはそれで一つの作品になることももちろんありますけどね。
そんで、やっぱりカッコいいわよ、恭一さん。ほえ~っとして見てしまいました。もう自分が恥ずかしくなるくらいホエ~ですわ。まさに黒いフェラーリであった。
久しぶりにいろいろ話もできたしうれしかった。

次もすぐだ、ありゃりゃりゃ。
未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

そのとおり

はい、想像されるとおりの緊張感です。すごいですね。


未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。