地球の裏から愛を込めて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

きょっく

曲を作っている。ここんところずっと。
なんだかんだと取りあえずの形になったものが数曲。

今日は大正琴を取り出してしばらく遊んでみた。亡くなったおばさんからのおさがりで、あるのはわかっていながら手をつけずにいたのだけれど、これがちょっと面白い。そもそも大正琴の弾き方とか、どういった音楽をするのかとか曖昧にしか知らないので、鉄弦が張ってあるしギターみたいなもんだろと、取りあえずネットでチューニングの仕方を調べてみたところ、全部の弦を同じG(ソ)の音に合わせるんだね。かき鳴らしてみたところ、いわゆる大正琴の音はします。が、もっと僕には中東をイメージさせる音で、弦を押さえるのもギターみたいにいろんな指を使ってじゃなく、ピアノみたいな配置のボタンを押せばいいだけなので簡単で、いろんなリズムや他の音源に合わせてひとしきり弾いていた。ついでに試しに録音して聞いてみたりもして楽しかった。新しく作る曲にいつか使う時が来るかどうかはわかりませんが。

もうすぐソロのツアーです。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<みると | ホーム | おっかり>>

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-09-24 Fri 17:02 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。